2,369 views

セブ島から最も近い離島の絶景ホテル バディアン アイランド リゾート & スパに行ってきた

スポンサードリンク

東南アジアにはあまり知られていない秘島がたくさんあります。

フィリピンセブ島からボートで5分のところにあるバディアン島に先日行ってきました。すごく穴場でめちゃ気に入りました!

セブシティからの行き方はこちらをご覧ください。

バディアン島とは


セブシティからバスで3時間程度でモアルボアルに着きます。その近くの港から5分でバディアン島に着きます。

小さな島で、この島に来る人はほぼ100%、今回宿泊したバディアンアイランドリゾート&スパというホテルに訪れます。他には何もありません。

≫バディアン アイランド ウェルネス リゾートをExpediaで検索する

まだ日本人にはあまり知られていないのか、欧米人のお客さんが多かったです。

セブシティのサウスバスターミナルからモアルボアル行きのバスが出ています。

上記の看板のところが目印ですので、ここでバスを降りましょう(合図をしたらどこでも降ろしてくれます)。ただし、ここから港まで2キロ近くあるので、歩くのは無謀です。タクシーなどもほぼ見当たりません。看板の向かえにお店らしきものがあり、そのおじさんに相談したら乗せて行ってやるとのことでしたのでお願いしました。ちゃっかりチップを請求されましたが笑

おじさんに乗せてもらい、ホテルのボートが出てる港に来ました。ここから乗ります。

乗ってから5分ほどで島に着きます。島が近づくに連れてテンションが上がってきます。右手にはセブ島が見えます。

ホテルに着いて部屋へ


島につくとお出迎えが。

生花による首飾りをかけてくれます。フロントでウェルカムドリンクをいただきます。

フロントの前はこんな感じ。宿泊客も少ないのでプライベートビーチをゆっくり満喫できます。

そして部屋に案内していただきます。部屋までの道のりもまた南国気分を盛り上げてくれます。そして部屋の前へ。

今回宿泊する部屋はこんな感じです


扉を開けると。テレビや時計がなく、ゆったり過ごせるように考えられています。ベランダには嬉しいハンモックが!テンション上がります。

まずは昼食を食べにレストランへ


ランチはここしか選択肢がありません。部屋から徒歩1分です。雰囲気なかなかいいですね〜

なかなか長時間の移動でしたので、まずはサンミゲルビールで乾杯します。

ランチメニューはたくさんありますが、私はボロネーゼを、相棒はハンバーガーをチョイス。

見た目は悪くないですが、正直あまり美味しくありません。。フィリピンだから仕方ないです、あまり期待せずに行ってください笑

いざビーチへ


海が透き通っていて泳いでいる魚も見えます。

また、このホテルはアクティビティもたくさんあり、レンタル可能です。

シュノーケルや足ひれ、パドルサーフィン、カヌー、白鳥のボートみたいに足で漕ぐ二人乗りの乗り物などたくさんあります。

私はカヌー以外、一通りレンタルして楽しみました。

ビーチで読書しながらゆったり過ごすのもまた最高です!

そしてディナーへ


会場はプール沿いのこちらです。

席に着いてからスコールがきてしまい、急遽ランチを食べたレストランへ移動しました。

ディナーメニューですが、値段はそこそこするので期待を胸にオーダーします。スパークリングワインで乾杯し、次に7種の野菜ジュースみたいなものをオーダー、これが変わった味でした…

料理はこんな感じ。野菜は自家栽培の無農薬と書いていました!フィリピンの生野菜にしては美味しいほうだと思いますが、日本に比べたらやはり美味しくありません。お肉も値段はそこそこしたはずですが、そこそこですね。まぁ絶景があるので良しとしましょう笑

ディナーをしながらお店の方が踊って盛り上げてくれます。フィリピン人はホスピタル精神・笑顔が本当に素晴らしいですね。

さようなら、また来ます!


翌朝朝食を食べ、あいにくの雨だったこともあり、早めにチェックアウトしました。

港からボートでセブ島に戻りますが、お見送りの人たちが歌を歌ってくれます。皆さん一生懸命僕らのためだけに歌ってくれます。

ボホール島も気に入りましたが、今回のバディアン島は更に穴場スポットで気に入りました。日本人の皆さんには是非一度行ってみてもらいたいです!

≫バディアン アイランド ウェルネス リゾートをExpediaで検索する

またいつか再訪したいと思います。

ボートがセブ島に着いてからバス停まで乗せてくれたおじいちゃん。目がイってます…笑

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です