2,095 views

東京油組の玉ねぎをたっぷり入れた油そばにハマる!口臭には要注意!

スポンサードリンク

昔銀座で働いていたときに職場の近くで見つけた東京油組。最近は人形町店に行っています。
ここの油そばはたまに無性に食べたくなります。午後にアポイントがないときは玉ねぎをたっぷり入れた油そばが最高です。

 

東京油組は都内に15店舗


平成30年2月現在東京都内に15店舗あります。そのほかにも大宮、仙台、甲府、さらには台湾に2店舗出店してます。

こちら人形町店の外観です。

店内に入るとまず自動販売機で食券を買います。
普通盛りと大盛りが同じ値段(つまり大盛りが無料)です。私はいつも大盛りです。大盛りといってもそんなに量が多いわけではないので成人男性は大盛りをお薦めします。

 

カロリー・塩分少なめでヘルシー


油そばとはラーメンのスープがないバージョンというイメージです。スープの代わりにタレが丼ぶりの底にあり、そこにラー油とお酢を入れて混ぜ合わせて食べます。
スープがないからだと思いますが、普通のラーメンに比べて、カロリーは約3分の2塩分は約半分とのことでヘルシーです。
実際はどうかわかりませんが、ヘルシーと聞くとラーメンでも罪悪感なく食べられますね。
また、麺も特別な小麦粉から作っているようで、一粒の小麦から約6%しか採れないアリューロン層という貴重な部位を取り込んだ麺とのことです。
見せ方が上手ですね。

 

玉ねぎがめちゃくちゃ合う


食べ方ですが、こちらの状態で店員さんから渡されます。

見えませんが、下には特製のタレがあります。
ここからラー油と酢をかけて、タレと麺を混ぜ合わせて食べます。
太麺にタレ・ラー油・酢のマッチングが絶妙です。

私は少し食べてから、無料でテーブルに置いてある玉ねぎを大量に入れて食べるのが好きです。生の玉ねぎを刻んだだけのものなのですが、これがまた美味いです。
生の玉ねぎですから、息がかなりネギ臭くなりますので気を付けてください。人と会って話す仕事が午後にあるときは玉ねぎを我慢したほうがいいです(笑)
また、最近はそこにさらに辛みを加えて食べるのが好きです。こちらも無料でテーブルの上に置いてあります。かなり辛いので少量ずつ使用してください。

さいごに


都内の駅前によく見かける東京油組。地味にハマりますので一度行ってみてはいかがでしょうか。
こちらの記事の175°DENO担担麺もそうですが、汁なし系がじわじわと流行ってきてますね。

→175°DENO担担麺 銀座店(東京1号店)で汁なし痺れるを食す!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です