1,837 views

【2018年最新版】北海道ニセコで穴場のキャンプ・グランピングならボンゴがおすすめ!

スポンサードリンク

先週ニセコのグランピングに行ってきました!
場所は「ニセコ コテージボンゴ


札幌からだと2時間以内で着く距離です。
ただ、買い物をしたり、中山峠に寄ったりすると3時間はかかるので、イメージよりも早く出発した方が長く遊べると思います。
私たちは、15:00到着の予定で13:00に札幌を出発!石山通のホーマック(炭、薪調達)に寄って、石山通のBIG(食材調達)し、小腹が減ったと中山峠(定番のあげいもと唐揚げをつまみ食い)に寄ってしまい。。。結局到着したのは16:30くらいです。完全に時間配分のミス。。。

ロケーション ☆



場所は、大自然の山の麓をイメージしていたら、意外と道路のすぐ脇!道路からは生い茂った木により目隠しされていますが、少し目線をずらせば目の前に堂々たる羊蹄山が!!


若干イメージと異なるロケーションでした!

場所

施設 ☆☆



入り口にフロントがあります。入り口を入ると手前にコテージがいくつかあり、奥の方に行くと3つのグランピングエリアがあります。


グランピングからのロケーションは少し残念です。。。この木伐採したろうかな!と息巻いて見たんですが、少しずれて眺めれば十分かっこいい羊蹄山を眺めることができたので良かったです!

 

快適さ ☆☆☆



グランピングの前にはテントが貼られていて、BBQスペースになっています。隣にミニキッチンもついていますので、野菜を切ったり簡単な調理ができます。

15歩くらい歩いたところには飲料水でもいける水道が併設されていますので安心して調理ができます!(カレーもここの水を使いました)

近くに小屋があって、その中には冷凍庫があり、なんと保冷剤も使うことができるんです!(これはめちゃくちゃ助かりました!)

 

今夜の食事 ☆☆☆


夕方から火を起し始め、景気付けにビールで乾杯!

まずは、近くの商店で買った地元の食材から丁寧に焼き上げて行きます!

やっぱりうまいね!!キャンプ行った時は、やはり地元の野菜を買って食べるのが通!

北海道だからできる楽しみかもしれませんね!

そのあとは、肉やら食べかけのソーセージやら・・・

大きなつぶやら即席アヒージョやら・・・

明日の朝ごはんのカレーを仕込んだりしながらゆっくり過ごしました!

 

利用料金 ☆☆


春〜秋(5月〜10月)
2名利用:12,000円
3名利用:16,000円
4名利用:20,000円

冬(12月〜4月)
2名利用:14,000円
3名利用:18,000円
4名利用:22,000円

グランピング料金に含まれてるもの
調理器具(BBQコンロ、火ばさみ、ストーブ、包丁、まな板、手鍋、皿、クーラーBOX、保冷剤、スポンジ、洗剤、塩胡椒等)

グランピング ☆☆☆



グランピング内もこんな感じで、めちゃくちゃ綺麗!グランピングによって違いますが、私たちが泊まった部屋は、ベッドが4つと座椅子が2脚でした。ストーブもついてます。(これからの季節は必要ないと思いますが。。。)中に電源も通っていますので、携帯の充電もバッチリできます!

 

トイレ ???



循環型を目指す施設運営者のこだわりトイレ
この扉を開けると、手作り感溢れるトイレが現れ、、、蓋を開けると、、、地面。


後ろから見ても地面。


おしっこであれば土に染み込むのであまり気にならないですが、うんちの場合はかなり勇気がいる。幸い大をもよおすことがなかったのでよっかたですが、万が一の時はうんちに砂をかけて対処するようです。

素敵な出会い ☆☆☆



男二人で行った今回のグランピング!
行きの車内では、「女性だけでグランピング来てたら奇跡だな!」って話してました。確かに、5月中旬の肌寒い時期に、女性だけでキャンプするとは考えにくいです。しかし、心のどこかで淡い期待を抱きながら望んだ今回のグランピング。

現地に到着するとなんと・・・・三基あるグランピングの中の一つから女性が3人出てきた!!!奇跡!ミラクル!
こんな奇跡は滅多にないと思い、緊張しながらも声をかけました。すごくいい女性たちで、一緒に焚き火をしてゲームをしたり、遅くまで遊んでもらいました!
次の日の朝は昨晩のお礼に、昨日から仕込んでいたカレーを振る舞わせて頂きました。


男性の皆さん!ここのグランピングは出会いもありますよ!!

まとめ ☆☆☆


ニセコ・コテージボンゴのグランピングは本当に手軽!持っていたものは、食材、クーラーBOX、炭、薪、網、紙皿、コップ、割り箸くらい。軽自動車でも十分積める荷物の量。
片付けも簡単で、使ったものを綺麗に洗って、持って帰えるものをまとめて終了。
キャンプ一式持って一からやるのももちろん醍醐味ですが、ふら〜っと行きたい人とか、準備がめんどくさい人とかにはかなりおすすめ!
今年の夏はグランピングでいい思い出を作ってください!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です